うつ病のリハビリ期間で出勤に向けたトレーニング方法を実践

認知行動療法コミュニティルーム(千葉県市川市)

うつ病のリハビリ期間は3段階!出勤に向けたうつ病リハビリ方法とは?

うつ病は回復するまでに、ある程度の期間が必要です。「こんなに長期間仕事を休めない」「もう以前と同じように出勤できるはず」と焦って行動すると、かえって状態を悪化させてしまうこともあります。

そこで今回は、うつ病の回復に必要な期間と社会復帰に向けたリハビリとしての取り組みついてお伝えします。うつ病のリハビリ方法や治療期間を知りたい方は、ぜひご参考ください。

うつ病のリハビリ期間はどれくらい?

period to recover

「うつ病は心の風邪」と言われることがありますが、これは「誰でもかかる病気」ということを示しており、「風邪のように簡単に治る」という意味ではありません。多くの場合、次の3つの期間を経て、うつ病のリハビリ・社会復帰を目指します。

急性期(約1~3ヶ月)

うつ病の症状が心と身体に最も強く現れる時期です。この時期には、薬物治療によって症状を和らげると共に、ストレスの原因から離れてしっかり休養を取ることが求められます。

回復期(約4~6ヶ月)

調子の良い日と悪い日を繰り返しながら、少しずつ気力や体力を回復していく時期です。調子が良くなると「もう治った」と以前のように活動しようとしてしまいがちですが、無理をすると症状が悪化することもあるため、無理のない範囲で活動量を増やしていきます。

再発予防期(1年以上)

うつ病の症状が安定し、ある程度元気を取り戻した「寛解」の時期です。しかし、以前と同じ生活に戻ると症状が再発することも少なくありません。社会復帰の前に自分自身の考え方のクセや対人関係のとり方、労働環境など、うつ病の原因を見つめ直し、再発予防の対策を練っておくことが必要です。

うつ病リハビリの3つのポイントを押さえよう!社会復帰・出勤に向けたリハビリ方法

rehabilitation

うつ病の症状が安定し「寛解」を迎えたら、社会復帰・出勤に向けたリハビリを始めることになります。こちらでは、その際に確認しておきたい3つのポイントをご紹介します。

主治医や専門家に相談する

「もう治った」と自己判断で行動すると、知らず知らずのうちに疲れを蓄積させ、回復が遠ざかってしまうことがあります。主治医やうつ病の専門家と相談しながらリハビリを進めていきましょう。

活動の幅を無理のない範囲で広げる

回復したからといって、急に頑張り過ぎてしまうと症状を再発させるリスクが高まります。まずは、働いていた時と同じ生活リズムに戻していくことが必要です。

朝、出勤していた時と同じ時間帯に起きる、スーツを着て駅や会社の近くまで通勤の練習をしてみるなど、少しずつ活動量を増やしてみましょう。「ちょっと動いただけで疲れてしまう」と焦る必要はありません。無理のない範囲で続ければ調子を崩すことなく、活動の幅を広げることができます。

リワークプログラムを活用する

復職をサポートしてくれる「リワークプログラム」を活用するのもおすすめです。リワーク支援は、主に医療機関をはじめ公共機関(障害者職業センター)や民間機関などで実施しており、うつ病を再発させずに働き続けられるようサポートをしています。また、雇用事業主が実施していることもあります。

出勤に向けたうつ病のリハビリを受けたい方へ

出勤に向けたうつ病のリハビリ方法を受けたい方は、千葉にある認知行動療法コミュニティルームにご相談ください。専門資格を持ったスタッフによる復職支援・うつ病リハビリプログラムを提供しています。公認心理師や精神保健福祉士の資格を持ったスタッフが、お一人お一人に合ったうつ病のリハビリを提案することが可能です。

うつ病は一人で悩んでいても、なかなか改善しません。辛いときこそ、誰かに相談することが大切です。私たちは、うつ病になってからの期間が長い方々のサポートもしております。うつ病は上述した通り、3つの期間に分けてゆっくりと回復していくものです。今すぐ社会復帰するのは難しくても、諦めないでリハビリから始めてみませんか?

認知行動療法コミュニティルームでは、再発しないための専門的なうつ病リハビリを徹底的に考え、千葉でうつ病が再発し回復に時間がかかっている方や、再再発の不安を抱えている方もしっかりサポートできる体制を整えています。初めてうつ病になった方はもちろん、再発してしまいリハビリに悩んでいる方も、一人で悩まずにまずはご相談ください。

うつ病克服に関する記事

  1. うつ病は再発率が高い?再発防止のために知っておきたいうつ病の原因
  2. うつ病の主な治療と再発のサイン 仕事復帰に向けたリワークプログラムとしての活用
  3. うつ病に対するカウンセリングとは?効果的に防止するためにおすすめできること
  4. うつ病のカウンセリングが受けられる場所と料金 千葉でリワークプログラムなら
  5. うつ病のリハビリを千葉で 回復に必要な期間と社会復帰・出勤に向けて
  6. うつ病のリハビリなら認知行動療法コミュニティルームへ 再発防止方法と施設利用の流れ
  7. 認知行動療法でうつ病を克服 認知行動療法コミュニティルームが提供する講座・カウンセリング(集団・個別)・リワーク支援&よくあるご質問
  8. うつ病に認知行動療法を 認知行動療法のやり方と期待できる効果
  9. うつ病に認知行動療法を 認知行動療法のやり方と期待できる効果
  10. うつ病で休職を繰り返す人の数と原因 復職に向けて休職期間にできること

うつ病のリハビリ期間に関するご相談は認知行動療法コミュニティールーム

サイト名 認知行動療法コミュニティールーム
住所 〒272-0034 千葉県市川市市川3丁目8−15 2階
TEL 080-7741-6921
概要 うつ病が原因で仕事を休職している方はいらっしゃいませんか?うつ病の原因は、心に影響する環境的な原因と身体に影響する身体的な原因があります。うつ病による休職期間が長いと、職場復帰することが難しくなるケースもございますので、うつ病の原因を知りたい・カウンセリングを受けてみたいという方は、お気軽にご相談ください。千葉県市原市にある認知行動療法コミュニティールームでは、うつ病の再発防止におすすめのリハビリ・カウンセリング・リワークプログラムをご用意しています。うつ病のケア・再発防止に関する専門知識がございますので、どうぞご安心ください。休職期間中の過ごし方やリハビリ期間・料金に関するご相談もお待ちしています。
URL https://community.npo-steps.or.jp/
アクセス
  • 総武線(JR) 市川駅より徒歩10分
  • 京成線 国府台駅より徒歩5分
  • 京成バス 市川2丁目バス停より徒歩1分
道順詳細(印刷用PDFファイル)
市川駅から徒歩の場合を中心に、国府台駅から徒歩、市川駅からバス、および車での場合を含め、道順等を説明しています。

↑ PAGE TOP