うつ等のための集団認知行動療法、コミュニケーション等 メニュー

認知行動療法コミュニティルーム(千葉県市川市)

メニューの紹介

当法人のメニューは「うつ病・うつ状態の回復」を目指した次の3つをご用意しています。
それぞれのメニューは自由に組み合わせてご利用いただけます。


【集団プログラム】 集団認知行動療法やコミュニケーション講座など
【通 所 / 作 業】 ルームに通って平日の一定時間を過ごす
【カウンセリング】 問題整理や悩み相談など

 

これらのメニューを必要に応じて組み合わせてご利用いただき、うつ病やうつ状態の回復・予防スキルをトレーニングしていきます。

例えば、
集団プログラム】では、他者との相互作用を活かしながら考え方や行動の仕方を見つめなおしてみたり、コミュニケーション場面を練習してよりアサーティブな対人関係スキルを新たに磨いていきます。
通所/作業】では、生活行動パターンを調整する時間と場所にしたり、自身の問題をノートに書いて整理してみたり、読書や脳トレなどで集中力の回復を図ってみたりします。
カウンセリング】では、心理検査や認知行動療法を用いて「自己理解」を深めてみたり、心理の専門家であるカウンセラーと相談したりアドバイスを受けたりします。

集団プログラム

集団認知行動療法

軽度~中度のうつ病にもっとも効果のある方法のうちのひとつです。集団で行うことによって、他の人の意見やアイデアが参考になったり、自分の考えが他の人の手助けになったりと相乗効果が期待できます。

コミュニケーション講座

参加者のみんなと苦手なコミュニケーションの場面や、情緒・感情の交流をスムーズに行う練習を行うSST、即興的なコミュニケーション遊びでお互いに無批判にアイデアを受け入れ合う応用インプロなどを行います。

グループミーティング

お互いに困っている問題や悩みについてディスカッションしていきます。自分の問題について客観的に捉える練習になり、問題に巻き込まれない対処法を他の人の意見を参考にしながら探索していきます。

リラクセーション・マインドフルネス

心と身体は自律神経を介してつながっています。過去のことや未来に不安にとらわれず、「今、ここ」での感覚に意識を向けていくことで自律神経が整えられます。うつと関係の深い脳の部位の活動をコントロールすることが期待できます。

通所/作業

部分通所・毎日通所・フル通所

週2,3日~週5日通って自身の作業を行い、決まった時間、決まった場所に通うことによって、生活リズムと気分の波を整えていきます。また、他の参加者と一緒に過ごすことによって、人間関係のストレス緩和を目指していきます。
  

カウンセリング

人間関係や仕事のトラブル、家族との関係など、ストレスや病気のことについて専門訓練を受けたカウンセラーと相談することで、問題の解消を目指していきます。
詳しくは 認知行動療カウンセリングルーム

↑ PAGE TOP